ジンとは何か?お酒の原材料や定義をわかりやすく解説!

ジンとは?原料や種類をわかりやすく解説!

「ジン」は独特の香りを持つスピリッツで、「ジントニック」や「マティーニ」といったカクテルのベースとしても有名なお酒です。

そんなジンについて、「何が原料なのだろう?」「ウォッカや焼酎と何が違うのだろう?」と疑問に思ったことはありませんか。

ジンとは、穀物が原料の蒸留酒に、ジュニパーベリーを含む香草や薬草といったボタニカルで風味付けしたお酒のことです。

ボタニカルで風味付けする点が、ウォッカや焼酎と違うポイントです。

本記事では、ジンの原料やボタニカル、他のお酒との違いをわかりやすく解説します。

ジンがどのようなお酒か知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

この記事を書いた人
まむ
  • 都内オーセンティックバーの元バーテンダー
  • ウイスキーエキスパート所持

ジンやウイスキーを中心に、これまで300種類以上のお酒を飲んできました。実体験をもとに、「本当に美味しい」と思ったお酒を紹介します。

目次

ジンとは何か

ジンのカクテル

ジンとはアルコール度数は40~50%ほどの無色透明の蒸留酒で、「ウォッカ」「テキーラ」「ラム」と並ぶ、世界4大スピリッツのひとつです。

ベースとなる蒸留酒にジュニパーベリーなどの香草や薬草類を加えて造られており、香草や薬草類(ボタニカル)が、ジンの味に大きな影響を及ぼします。

ジンの分類

蒸留酒のボトル

ジンはお酒の分類上、蒸留酒(スピリッツ)に分類されるお酒です。

蒸留酒を含む3つにお酒の分類を紹介します。

  • 醸造酒
  • 蒸留酒
  • 混成酒

醸造酒【ワイン・ビールなど】

世界で初めに誕生したお酒が醸造酒で、果実や穀類を発酵させて作ったお酒です。

歴史は非常に古く、米や蜂蜜、果実で造られた醸造酒の成分が紀元前7000年頃の中国の遺跡から出土しています。

ワインやビールの誕生は紀元前5000年から3000年頃で、交易で世界に広まり、そこから多種多様な醸造酒が生まれました。

原料代表的な醸造酒
果実ワイン(ブドウ)、シードル(リンゴ)
穀類ビール(大麦等)、清酒(米)
ハチミツミード

蒸留酒【ジン・ラム・ウイスキーなど】

発酵によって造られた醸造酒を蒸留したものが蒸留酒で「スピリッツ」ともいわれます。

まむ

醸造酒よりもアルコール分が高く、「ハードリカー」と呼ばれることもありますね。

「蒸留」とは高熱で液体を気化させてアルコールを採取する技術で、蒸留技術は10世紀から11世紀頃に生まれました。

スピリッツはカクテルベースとしても必要不可欠なお酒で、現在ではウオッカ、ラム、テキーラ、ブランデーなどが世界各地で造られています。

原料代表的な蒸留酒
果実ブランデー(ブドウ)、キルシュワッサー(サクランボ)
穀類ジン、ウォッカ(穀類、イモ類)、アクアビット(穀類、イモ類)、ウイスキー(大麦、穀類)、焼酎(米、蕎麦、イモ等)
サトウキビラム
リュウゼツランメスカル(※テキーラはメスカルの一種)

混成酒【カシスリキュール・スロージンなど】

醸造酒と蒸留酒を原料とし、果実やハーブ、香辛料を加えて風味づけしたお酒が混成酒です。

「リキュール」ともいい、加える材料によってさまざまな種類があります。

原料代表的な混成酒
果実スロー・ジン、カシスリキュール、キュラソー
香草・薬草シャルトリューズ、ベルモット
種子・核アマレット、カカオリキュール、コーヒーリキュール
タマゴアドヴォカード

ジンの発祥

ジントニックの入ったグラス

ジンの起源は、オランダ発祥の蒸留酒「イエネーフェル」にあります。

イエネーフェルは、「ジュニパーベリー」のオランダ語で、イエネーフェルは世界で初めて製造されたジンといわれています。

イエネーフェルはイギリスに渡り、やがて「ジュネヴァ」と呼ばれるようになりました。
このジュネヴァが短縮されて「ジン」となり、現在に至っています。

まむ

イエネーフェル(Jenever)、ジュネヴァ(Geneva)、ジン(Gin)。

いずれもジュニパー(ネズの木)が語源です!

あわせて読みたい
ジンの歴史とは?起源と進化を解説 ジンは世界の人々に愛されるスピリッツのひとつで、カクテルベースとして欠かせない存在です。 ジンはもともと薬用酒であり、ジュニパーベリーを使った「イエネーフェル...

ジンの原料

麦

ジンは、ベースの蒸留酒(スピリッツ)にボタニカルの風味を加えて造られます。

「スピリッツの原料」と「ボタニカルの種類」に分けて解説します。

スピリッツの原料

ニュートラルスピリッツ(中性アルコール)の原料は、蒸留所ごとに異なりますが、主に使用されるのは次の穀物や果実です。

  • 大麦
  • 小麦
  • ライ麦
  • トウモロコシ
  • ブドウ

ジンは後からボタニカルで風味付けされるので、ベーススピリッツには風味が強くない穀物を原料にするのが一般的です。

しかし、近年ではブドウや米を使い、スピリッツに風味を持たせて製造するジンも増えています。

ボタニカルの種類

ジェニパーベリー

「ボタニカル」とはジンの蒸留過程で香り付けに使用される植物のことで、「ジュニパーベリー」は必ずジンに使用されています。

ジンの味に大きな影響を与えるボタニカルには多くの種類があり、主に以下の3種に分類できます。

  • スパイス系
  • シトラス系
  • 花/ハーブ系

それぞれのボタニカルの詳細を知りたい方は、次の記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ジンの「ボタニカル」とは?基本の25種類を徹底解説! ジンはスパイシーでドライな独特の香りを持つスピリッツです。 そのユニークな風味の素となっているのが、ジュニパーベリーをはじめとする様々な「ボタニカル」から抽出...

ジンの製造の流れ

ジンの蒸留所

ジンの製造の大まかな流れは、以下のとおりです。

  1. 原料をアルコール発酵させてモロミを造る
  2. モロミを蒸留してニュートラルスピリッツを製造
  3. スピリッツにボタニカルを加えて再留
  4. 加水してアルコール度数を40%前後に調整
  5. ボトリングして販売

クラフトジンを製造している蒸留所では、一部過程が違うところもあります。

世界にある3種類のジン【ドライジン・シュタインヘーガー・ジュネヴァ】

ジンのボトル

ここからは、世界にある以下の3種類のジンを紹介します。

  • ドライジン(ブリティッシュジン)
  • シュタインヘーガー
  • ジュネヴァ

世界にはジュニパーベリーをメインとした3種の代表的なジンがあり、それぞれ異なる風味を持っています。

名前発祥国特徴代表的なブランド
ドライジン
(ブリティッシュジン)
イギリス・辛口でスパイシー・ビーフィーター
・タンカレー
シュタインヘーガードイツ・ハーブの風味が強い
・やや甘口
・シュリヒテ
ジュネヴァオランダ・ベルギー・マイルドでフルーティーな味わい
・モルトワイン(大麦麦芽などの穀物)を使用
・単式蒸留
・ボルス

日本でもっともメジャーなのは「ドライジン」であり、カクテルベースとなるジンも「ドライジン」が一般的です。

まむ

「ジン」といえば、「ドライジン」を指す場合が多いですね。

ドライジンの定義

ドライジンの入ったグラス

ここで、世界の3つのジンのうち、もっともなじみ深い「ドライジン」の定義を紹介します。

ドライジンには要件があり、ジンと名乗るには次の3つの項目を満たす必要があります

  • 農作物由来のアルコールである
  • 香りづけの主な原料がジュニパーベリーである
  • 瓶詰時のアルコール度数が37.5%以上(※アメリカは40%以上)である

ドライジンの種類3つ

3本のジンのボトル

ドライジンは、2008年発布のEU法により3つのカテゴリーに分類されます。

  • Gin(ジン)
  • Distilled Gin(蒸留ジン) 
  • London Gin (ロンドン ジン)

下に行くほど既定の要件は厳しくなり、満たす要件の違い・製法の違いを一覧表にまとめてみました。

ジン蒸留ジンロンドンジン
初留後の香りづけ(方法に規定なし)(ボタニカルを浸漬)(ボタニカルを浸漬)
初留後の着色
初留後の加糖
再蒸留後のアルコール度数(※再蒸留は不要)規定なし70%以上
再蒸留後の香りづけ
再蒸留後の着色
再蒸留後の加糖(1L/0.1gまで)
ボタニカル別の再蒸留

それぞれ解説していきましょう。

Gin(ジン)

ドライジンの定義を満たせば、Gin(ジン)と名乗れます。

ジュニパーベリーの香りづけの方法は、浸漬でもいいですし、別の手法でも構いません。
着色や加糖も可能です。

また、Distilled Gin(蒸留ジン) やLondon Gin (ロンドン ジン)には再蒸留という工程が必要ですが、Gin(ジン)は再蒸留は不要です。

Distilled Gin (蒸留ジン)

ドライジンの定義を満たした上で、度数96%以上の高濃度スピリッツにボタニカルを浸漬して再蒸留するのがDistilled Gin (蒸留ジン)です。

「ボタニカルと再蒸留」する点が、Distilled Gin (蒸留ジン)のポイントです。

ボタニカルごとに別々に再蒸留して独自の配合でブレンドできるため、造り手の個性を出しやすいジンです。

London Gin (ロンドン ジン/ロンドン ドライ ジン)

London Gin (ロンドン ジン)は、ロンドン ドライジンといわれることもあります。

製造工程はDistilled Gin (蒸留ジン)と同じですが、より純度の高い高品質なエチルアルコールを使用することが定められています。

使用するボタニカルは天然物に限定されており、再蒸留後の香料の使用や着色は認められていません。

ボタニカル別に再蒸留したスピリッツをブレンドすることもできず、ロンドン ジンは3種のジンの中で規定が一番厳格です。

なお、「ロンドン」は産地ではなく品質を表しているため、たとえロンドンで生産されていなくても、要件を満たせば「London Gin」と表記できます。

ジンのカクテル

ジンカクテル

ジンはカクテルベースとして優秀なお酒で、ジンを使ったカクテルレシピは数多く存在します。

原料のジュニパーベリーの爽やかな風味は他のお酒やフルーツと相性は良く、古くからジンカクテルは親しまれてきました。

定番のカクテルといえば「ジントニック」「マティーニ」「ジンリッキー」「ジンフィズ」などが挙げられ、家で気軽に作れるカクテルレシピもあります。

家でジンカクテルを楽しみたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
簡単!家で作れるジンのカクテルレシピ9選【シェーカー不要】 自分や知人のために「カクテルを作りたい」と思ったことはありませんか? 「材料をそろえるのが大変そう」「シェーカーを持っていないと作れないのでは」と思うかもしれ...

おすすめのジン

グラスに注がれるジン

ジンをあまり飲んだことのない方にもおすすめな、飲みやすいジンの3銘柄を紹介します。

1つ目はゴードン  ロンドン ドライジンです。
歴史をあるゴードンは世界的に有名なロンドンドライジンで、ジントニックを開発したジンブランドだといわれています。
クセのない飲みやすいジンで、カクテルベースにも最適です。

2つ目はボンベイ・サファイア
フローラルな香りのさわやかな風味のジンで、そのまま飲んでもジントニックなどのカクテルで楽しむのもおすすめです。

最後におすすめしたいのはブードルスです。
キレのあるロンドンドライジンで、ボタニカルに柑橘系が一切使用されていないため、ドライな味わいが楽しめます。


紹介した3銘柄は価格も手頃で入手しやすいのも特徴です。
おすすめのジンをもっと知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
ジンのおすすめ10選!毎日飲みたいデイリージンを紹介 毎日気軽に飲める、自宅にストックしておきたいジンを紹介します。 手に入りやすく毎日飲んでも飽きないジン、食事中・お風呂上り・就寝前にいつでも飲める10本の銘柄を...

【Q&A】ジンに関するよくある疑問と答え

本
まむ

ジンに関する素朴な疑問を解消するQ&Aコーナーです!

ジンは体に悪い?

ジンは他のお酒と同様、過剰に摂取すれば二日酔いやアルコール中毒になるリスクがあります。

しかし、適度な量を飲めば体に大きな影響はありません。

二日酔いといった中毒症状を防ぐには適度な飲酒量を心がけ、次のような飲み方を意識すると良いでしょう。

  • ジンを飲む際に水も時々飲む
  • 就寝前にも水分を摂る
  • アルコールで失われるビタミンと亜鉛を摂取する

ジンには何が入っている?何の味?

ジンは大麦やライ麦などから造られていて、ジュニパーベリーをメインとするボタニカル成分が入っています。

味は、ジュニパーベリーをはじめとするボタニカル由来のウッディな味、ハーブ香などが特徴です。

ジンのアルコール度数は?ジンとウォッカはどちらが強い?

ジンもウォッカも一般的なアルコール度数は40%前後なので、どちらも度数の強さは同じくらいです。

なお、ウォッカにはアルコール度数96%の「スピリタス」といった高度数の銘柄があります。

ジンの有名国は?

イギリス、スコットランド、オランダ、ベルギーが有名です。

近年ではドイツやアメリカ、日本やスペインといったさまざまな国で造られています。

「クラフトジン」「プレミアムジン」は普通のジンと何が違う?

「クラフト」や「プレミアム」はブランディングに使用される用語で、厳密な定義はありません。

「クラフト」は小規模なディスティラリーの職人が手間を惜しまず手作りする製品を指す用語で、「プレミアム」は材料や製法、ボトルが高品質・高価な製品で、ラグジュアリーなイメージを演出する用語です。

最後に

マティーニ

ジンは、べースのスピリッツにジュニパーベリーとさまざまなボタニカルを加えた無色透明のお酒です。

オランダ発祥とされ、長い歴史の中で複数の種類が生まれました。
ロンドンドライジン、蒸留ジンをはじめ、近年ではボタニカルの種類や量を変えた個性的なクラフトジンも登場しています。

シンプルながらも奥深い味わいが魅力のジンは、マティーニやジントニックなどのカクテルはもちろん、ストレートでも楽しめるお酒です。
原料のボタニカルをイメージしつつ、ぜひ多くの種類のジンを味わってみてください。

ジンとは?原料や種類をわかりやすく解説!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元バーテンダーで、ウイスキーエキスパートを所持する酒飲みです。
ジンやウイスキーを中心にこれまで300種類以上のお酒を飲んできました。

実体験をもとに、「本当に美味しい」と思ったお酒を紹介します。

目次