水道水で透明な氷を作ろう!アイスピックとタッパーがあればOK

水道水で透明な氷を作ろう!アイスピックとタッパーがあればOK

市販されているロックアイスのような透明な氷を自宅で作りたいと思ったことはありませんか?

家の冷凍庫で氷を作ると白っぽっくなりがちですが、市販のロックアイスは透明で涼やかです。

透明な氷は解けにくくハイボールやサワーにぴったりで、酒好きには欠かせないマストアイテム。

そんな透明な氷を自宅で作るべく、今回は水道水で透明な氷を作る方法を紹介します!

まむ

試しに氷を作ってみたら意外と簡単。
定期的に氷を買いに行く生活から解放されました!

あれこれ試して一番簡単だった方法をまとめますので、ぜひ参考にしてください。

目次

氷はなぜ白くなる?白い部分は気泡となった空気

冷凍庫で作った氷は大抵の場合は白く濁っており、この白い部分は、気泡となった空気です

空気が残ったまま凍ると気泡になり、氷が白くなってしまうのです。

氷が白くならないよう、しっかり空気を抜いて水を凍らせることが透明な氷を作る最重要ポイントです。

透明な氷の作り方

氷の塊

自作するのは大きくて溶けにくいロックアイス(かち割り氷)です。

キューブアイスよりも大きく溶けにくいので、ハイボールといったドリンクを長く楽しめます。

できるだけ透明で、大きい塊の氷を作ることを目指します。

準備するもの

以下の3つのアイテムを用意します。

どれも100円ショップで購入できます。

・タッパー
・アイスピック
・ジップロック

氷ができたら白い部分を削り落とすので、タッパーは大きめのほう良いです。

冷凍庫に入るサイズの中でも大きめを選び、大きく作ったらダイナミックに削りましょう。

アイスピックは長いものと短いものがありますが、扱い慣れていない方は短いアイスピックのほうが良いです。

短いほうが力が入れやすく、こちらのピックなら重さもあるので扱いやすいでしょう。

ANNON キッチン・業務用食器
¥1,333 (2023/04/23 11:31時点 | 楽天市場調べ)
1.タッパーに水を張って凍らせる

では作っていきましょう!

まずタッパー容器に水道水を入れます。氷になると少し膨張するので、水は入れすぎないようにしましょう。

8分目くらいにが目安です。

2.半分凍ったらタッパーを取り出し、水を捨てる

半分ほど凍ったらいったん取り出し、凍っていない部分の水を捨てましょう

水が出なければアイスピックで表面を叩いて割り、水を捨てたら新たに水道水を追加します。

これは、先に凍る水は透明に、あとから凍る部分は不純物や空気で白くなるためです。

不純物は水よりも凍る温度が高いので、この温度差を利用して白くなりそうな部分を除去するのです。

うっかり全部凍らせてしまったら、この過程はスルーしてください。

面倒な方も省いてOKです。

3.全部凍ったら砕く

全部氷になったら砕いていきましょう。

これは実際に作った氷です。透明な氷は外側、白い部分は中心部に集まっていますね。この白い部分を削ります。

まず大きなボウルに氷を出してください。

アイスピックで氷の塊を半分に割って、さらに半分にします。4分割します。

あとは、白い部分をアイスピックで大まかに削り落とします。

やりにくいようなら、さらに個々の氷を等分に割って、白い部分をざっくり落としています。

これで透明な氷が完成しました。白い部分も残っていますが、製氷機の氷よりもはるかに透明です。

ロックアイスはジップロックに入れて冷凍します。

4.自作氷で晩酌する

自作氷で晩酌しましょう。

まむ

自作氷で作るハイボールは格別です!

ひと手間かければ、氷がもっと透明に

自宅で透明な氷を作る簡単な作成方法を紹介しました。

ここからは、ひと手間かけて氷をさらに透明にする以下の方法を紹介します。

  • 水を沸騰させて不純物と空気を抜く
  • 冷凍庫の温度を調整してゆっくり凍らせる
  • 製氷皿をタオルを巻いて断熱性を高める

水を沸騰させて不純物と空気を抜く

煮沸すると、水道水に含まれているカルキやトリハロメタンなどの不純物を、ある程度除去することができます

空気も追い出してくれるので氷が透明になります。

煮沸したら、10分ほど沸騰させましょう。時間をかけてしっかり沸騰させることが重要です。

冷凍庫の温度を調整してゆっくり凍らせる

氷は外側からじわじわと凍っていきます。

ゆっくり凍らせれば空気が出ていきやすくなるので濁りにくく、冷凍庫の設定温度を上げれば氷が透明になりやすいでしょう。

ただし、冷凍食品などを保管している人は気を付けてください。

冷凍食品は保管する温度が決まっているため、その温度を上回らないようにしてくださいね。

製氷皿をタオルを巻いて断熱性を高める

ゆっくり凍らせるために、製氷する容器をタオルで巻いておく方法があります。

タッパーをタオルで巻いて断熱性を高めれば水が凍るスピードは遅くなり、発泡スチロールケースでも代用可能です。

冷凍庫の設定温度が変えられない方はこちらを試してみてください。

アイスボールメーカーやロックアイス製氷皿を使えば簡単

アイスボールメーカーや製氷皿などを使えば、もっと簡単に氷が作れます。

とくにお薦めなのが「ドウシシャ」の丸型製氷器で、発泡スチロールでおおわれているため断熱性が高く透明度の高い丸氷が作れます。

ドウシシャマルシェ 楽天市場店
¥2,728 (2024/04/18 20:07時点 | 楽天市場調べ)

きっちりと密封されているため容器から取り出すのに少々手間が掛かりますが、簡単に透明な丸氷が作れるのは嬉しいですね。

水を煮沸したりピュアウォーターを使ったりすれば、さらに透明度の高い氷が作れます

まとめ:家で氷を自作しよう

大きく作って豪快に削るだけの、簡単なロックアイス作りの方法を紹介しました。

アイスピックを扱ったことがない人は抵抗があるかもしれませんが、使い慣れてくると楽しいですよ。

ぜひお家でロックアイスを作ってみてくださいね。

水道水で透明な氷を作ろう!アイスピックとタッパーがあればOK

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元バーテンダーで、ウイスキーエキスパートを所持する酒飲みです。
ジンやウイスキーを中心にこれまで300種類以上のお酒を飲んできました。

実体験をもとに、「本当に美味しい」と思ったお酒を紹介します。

目次