ロイヤル・ブラックラとは|味や製法、蒸留所の歴史を解説!

ロイヤルブラックラ徹底解説

ロイヤル・ブラックラは「Royal」の称号を得ている「王のためのウイスキー」です。
19世紀に在位していた国王ウィリアム4世のお気に入りとなったこのウイスキーは、蒸留所として初の「王室御用達」の称号を授けられました。

かつては非常に入手しにくいシングルモルトでしたが、1993年にUD社の「花と動物シリーズ」で10年がリリース。
現在はバカルディより「12年」「18年」「21年」などが年間数量限定で販売されています。

ロイヤル・ブラックラの味やロゴに込められた物語、蒸留所の歴史を詳しく解説します。

この記事を書いた人
まむ
  • 都内オーセンティックバーの元バーテンダー
  • ウイスキーエキスパート所持

ジンやウイスキーを中心に、これまで300種類以上のお酒を飲んできました。実体験をもとに、「本当に美味しい」と思ったお酒を紹介します。

目次

ロイヤル・ブラックラとは

ロイヤルブラックラ12年、18年、21年のボトル

画像:ロイヤル・ブラックラ3品リニューアル新発売 | プレスリリース

ロイヤル・ブラックラは長い歴史を持つ蒸留所でつくられるシングルモルトで、デュワーズのキーモルトの一つとしても有名なウイスキーです。

代表銘柄Royal Brackla 12 Years Old
種類スコッチ/シングルモルト
蒸留所ロイヤル・ブラックラ蒸留所
製造元ジョン・デュワー&サンズ
所有社バカルディ
あわせて読みたい
ロイヤル・ブラックラ体験ディナー!ROYAL BRACKLA THE FINISHING TOUCH【レポート】 ロイヤル・ブラックラを体験するディナーイベント「ROYAL BRACKLA THE FINISHING TOUCH」が、渋谷を一望できるグリルダイニング「STEREO」で開催されました。 フレンチ...

30秒で読める!ロイヤル・ブラックラの5つの特徴

「ロイヤル・ブラックラのユニークポイントだけ知りたい」という方のために、30秒で読める5つの特徴を紹介します。

  1. 200年以上もの長い歴史を持つ蒸留所
  2. 蒸留所初のロイヤルワラント(王室御用達)
  3. 蒸留所のある城は、シェイクスピア『マクベス』の舞台
  4. シェリー樽への強いこだわり
  5. スコットランド最大級のポットスチル

ロイヤル・ブラックラ12年の評価/レビュー

ロイヤルブラックラ12年のストレート
ロイヤルブラックラ12年のストレート
ROYAL BRACKLA THE FINISHING TOUCHのプレイベントにて撮影)

ロイヤル・ブラックラ12年はオロロソシェリー樽でフィニッシュされたウイスキーです。
ライチやピーチのフルーティーな香りがあり、味わいはクリーンでドライ。
ダークチョコレートやスパイスの香りもあり、奥行きのあるリッチな味わいです。

まむ

香りで「甘そう」と感じたのですが、口に含むと意外とドライ!

加水すると甘みが増す、高級感のあるウイスキー。
アルコール度数は46%で、長く力強い余韻が楽しめます。

ロゴに隠されたストーリー

ロイヤルブラックラのロゴが映ったスライド
ロイヤル・ブラックラのロゴ
ROYAL BRACKLA THE FINISHING TOUCHのプレイベントにて撮影)

ロイヤル・ブラックラ蒸留所は200年以上の歴史を誇る蒸留所で、1833年に英国王室御用達(ロイヤルワラント)の称号を授与され「王のためのウイスキー(The King’s Own Whisky)」と呼ばれています。

その称号を示しているのが、ロゴ中央に描かれた樽の王冠。
さらにウイスキーの原料である大麦の穂と、シェリー樽を象徴するブドウが描かれています。

ロゴ右側は、蒸留所と関わりの深い『マクベス』の物語を表しています。
というのも、ロイヤル・ブラックラ蒸留所は『マクベス』に登場するコーダー城の敷地内にあるからです。
ロゴ右側のレンガ造り建物はコーダー城の城壁を表し、中央にはマクベスがダンカン王を刺した剣のイラスト。
さらに、ダンカン王の赤い流血、魔女の大釜も描かれています。

ロゴの左側は蒸留所のシンボルで、王冠とポットスチル、蒸留所の水源であるコーダー川の波紋、その川に集う鳥のイラストが描かれています。

『マクベス』の物語

『マクベス』は、17世紀初頭にイギリスの劇作家ウィリアム・シェイクスピアが書いた戯曲で、スコットランド王ダンカンに重用されたマクベスを主人公とした悲劇。

マクベスはスコットランドの将軍として反乱軍とノルウェー軍と戦い、勝利を収めてスコットランド陣営に帰る道すがら、奇妙に踊る3人の魔女に出会う。
魔女から「おまえはコーダーの領主となる」「いずれ王になる」という2つの予言を受け、その後すぐにマクベスはダンカン王よりコーダーの領主に任命される。
マクベスは「王となる」予言も真実になると信じたが、ダンカン王が次の王に指名したのは王の息子マルカム。
王となる野心を捨てられないマクベスはダンカン王を刺殺し、ついに即位を果たす。

マクベスは復讐を恐れて次第に精神が不安定になり、魔女のもとへ。
魔女はおぞましい物を入れた大釜で魔物や幻影を呼び出し、予言を伝えてマクベスを安心させる。

一方、ダンカン王の息子マルクスはイングランドに亡命しており、マクベスに妻子を殺された貴族のマクダフとともに、マクベス討伐の準備を進める。
城を攻められたマクベスは、ついにマクダフによって倒される。

ロイヤル・ブラックラ蒸留所とは

コーダー城
コーダー城

ロイヤル・ブラックラ蒸留所は、1812年にスコットランド北部のハイランド地方で創業されました。
ネアン近郊にあるコーダー城の敷地内にあり、コーダー城はシェイクスピアの『マクベス』に登場する有名なお城です。

ロイヤル・ブラックラ蒸留所を設立したのはウィリアム・フレイザーという人物で、インドの駐在武官だったフレイザーは引退後に故郷で蒸留所を造りました。
当時は関税が非常に高く、そのため周囲には違法な蒸留所が数多くありました。
ロイヤル・ブラックラはしっかりと税金を納めていたため価格を上げざるを得ず、地元での販売は難しくなってしまいます。
違法蒸留所との競争を避けるため、ブラックラはローランドやロンドンに出荷されるようになり、これが功を奏して当時の英国王ウイリアム4世に気に入られます。

英国王ウィリアム4世
英国王ウィリアム4世

創業から約20年たった1833年、ブラックラは英国王ウィリアム4世から王室御用達の称号を与えられ、「王のためのウイスキー(The King’s Own Whisky)」と呼ばれるようになりました。

まむ

蒸留所で称号を得たのは、ロイヤル・ブラックラが初!

20世紀に入るとロイヤル・ブラックラは経営状況が行き詰まり、休止と再開を繰り返します。
オーナー企業が幾度も代わり4度の休止期間を経て、現在はバカルディ社の傘下でオフィシャルボトルをリリースしています。

他にもある!ロイヤルワラントが授与された蒸留所

ブラックラ蒸留所以降にロイヤルワラントを授与された蒸留所は「グレンユーリー・ロイヤル蒸留所(1985年に閉鎖)」「ロイヤル・ロッホナガー蒸留所」の2つです。

グレンユーリー・ロイヤルは1836年に国王ウィリアム4世から、そしてロイヤル・ロッホナガーは1848年にヴィクトリア女王から王室御用達の勅許状を賜りました。

ロイヤル・ブラックラの製法

ロイヤルブラックラのポットスチル
ロイヤル・ブラックラ蒸留所のポットスチル
ROYAL BRACKLA THE FINISHING TOUCHのプレイベントにて撮影)

蒸留に使用されているポットスチルはストレートヘッド型で、仕込み水はコーダー川の水です。
スチルのサイズはスコットランドでも最大級で、原酒が胴に触れる面積が広く、そのためエレガントでクリーンなスピリッツが生まれます。

まむ

ちなみに小型のアーム短めスチルだと、ヘビーで厚みのある原酒ができます。

蒸留してできあがったスピリッツはアメリカンオーク樽で熟成され、その後シェリー樽で後熟されます。
ロイヤル・ブラックラとシェリーの関係は非常に密接で、12年、18年、21年でそれぞれ異なるシェリー樽が使用されています。

ロイヤル・ブラックラのラインナップ

ロイヤル・ブラックラのラインナップを紹介します。

ロイヤル・ブラックラ 12年

ロイヤルブラックラ12年のボトル

画像:ロイヤル・ブラックラ3品リニューアル新発売 | プレスリリース

アルコール度数46%
容量700ml

辛口シェリーのオロロソ樽でフィニッシュさせた、12年熟成のロイヤル・ブラックラです。
シェリー樽由来の果実香、スパイシーさが感じられるラグジュアリーなシングルモルトです。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

ロイヤル・ブラックラ 18年

ロイヤルブラックラ18年のボトル

画像:ロイヤル・ブラックラ3品リニューアル新発売 | プレスリリース

アルコール度数46%
容量700ml

希少なパロ・コルタド樽でフィニッシュされた18年熟成のロイヤル・ブラックラです。

パロ・コルタドはもともと偶然生まれたシェリーであり、製造プロセスは非常に複雑です。
フィノの繊細さとオロロソのリッチな味わいを併せ持っており、バランスの良いシェリーといえるでしょう。

18年という長期熟成ながらフレッシュな香りとシャープな味わいで、濃いカカオ、ココアパウダーといった苦味を感じる香りも楽しめます。

まむ

オロロソ樽の12年とは、味わいは全く異なります!

12年より、個人的には18年のほうが好み。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

ロイヤル・ブラックラ 21年

ロイヤルブラックラ21年のボトル

画像:ロイヤル・ブラックラ3品リニューアル新発売 | プレスリリース

アルコール度数46%
容量700ml

オロロソ、パロ・コルタド、ペドロヒメネスの3種類の樽でフィニッシュさせた原酒をブレンドしたのが、このロイヤル・ブラックラ21年です。

シナモンや黒糖のような深いコクを感じる香りで、シェリー樽によるリッチな果実感、スパイシーでエレガントな味わいが楽しめます。
2022年のSWSCではダブルゴールドを受賞している評価の高いウイスキーです。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

花と動物シリーズ ロイヤル・ブラックラ10年【終売】

花と動物シリーズ ロイヤルブラックラ 10年
アルコール度数40%
容量700ml


1993年にリリースされたロイヤル・ブラックラの10年ものです。
当時ロイヤル・ブラックラを保有していたUD社からリリースされた銘柄で、現在生産は終了しています。

「花と動物シリーズ」とは現ディアジオの前身であるUD社のシリーズ商品で、UD社保有の蒸留所の原酒がシングルモルトとしてリリースされていました。

花と動物シリーズ ロイヤル・ブラックラ10年|Amazon商品検索

最後に

ロイヤル・ブラックラは「王のためのウイスキー」という異名をもつ高貴なシングルモルトです。
蒸留所の歴史は非常に長く、培われた技術とウイスキーにかける情熱が上質なウイスキーを生み出し、現代まで引き継がれてきたのでしょう。

シェリー樽由来の甘い香りとスパイシーな味わい、クリーンな風味がバランス良く楽しめるロイヤル・ブラックラ。
大切な人への贈り物や、自分へのご褒美にぴったりのウイスキーだと思います。

まむ

上司や先輩、父の日ギフトにも良さそう!

バランスの良い味わいを楽しみたい方、王の気分を味わいたい方、『マクベス』に思いを馳せたい方、まずは「ロイヤル・ブラックラ12年」から試してみてはいかがでしょうか。
ウイスキーの背後にある、さまざまなストーリーをかみしめて飲むお酒は絶品です。
ぜひ一度、ロイヤル・ブラックラを味わってみて下さい。

ロイヤルブラックラ徹底解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次